Embed from Getty Images

昨シーズン、プレミアからチャンピオンシップに降格したノリッチの中で存在感を示しジャマール・ルイス。若干22歳の北アイルランド人の左サイドバックが、移籍金1,500万、パフォーマンスによっては2,000万ポンドでニューキャッスルに移籍することになった。

例年ニューキャッスルは、オーナーのマイク・アシュリーのクラブへのコミットメントに対し(つまり移籍市場への積極的な投資)、ファンから不信感を持たれることが多かったが、今年は一転、移籍市場序盤にもかかわらず積極的な補強に動いており、ルイスが5人目の獲得選手となった。

ニューキャッスルはすでに、ボーンマスからライアン・フレイザーとカラム・ウィルソン、バーンリーからジェフ・ヘンドリックを、スコットランドのプレミアシップからマーク・ギレスピーを獲得している。

ルイスはノリッチのユースアカデミー出身で、2017年12月にファーストチームデビューを果たしている。2019年の昇格にも重要や役割を果たし、昨シーズン、降格することになったが、プレミアでも28試合、出場している。