Embed from Getty Images

すでに報じられていたように長くバーンリーには、買収の話が出ており、2社が名乗りを上げて、争奪戦となっていたが、20年末にアメリカの投資会社のALKキャピタルに買収先に決定した。英Sky Sportsをはじめ、複数のメディアが報じている。

今回の買収で、ASKキャピタルは、84%の株式を取得し、クラブの実質的オーナーとなった。プレミアリーグからも正式に承認されており、年末の時点で買収が完了したようだ。

ALKキャピタルはアメリカに拠点があるスポーツとメディアに特化した投資会社である。買収前の会長であったマイク・ガーリックは取締役会に残って、スムーズな移行に協力していくという。

バーンリーは、移籍市場に積極的な投資をしないことで有名だが、一方で、財政的に優良な運営がされつつ、長くプレミアリーグのステータスを維持しており、半世紀ぶりヨーロッパの大会に出場するなど、その健全経営に対する評価は高い。それらの期待もあり、全会長含めたステークホルダーも残留することになったようだ。

バーンリーの移籍戦略にも変化か?

年末のシェフィールドユナイテッド戦で出場した13人のうち、イギリスとアイルランド外の選手はオランダ人のエリック・ピータース1人であったが、新オーナーになることで、状況が変わるかもいれない。

バーンリーの移籍情報

2021年冬の移籍市場におけるバーンリーの戦略

20年8月にALKキャピタルはロンドンにあるサッカーテクノロジーを専門とするAiScoutとPayer Lensという会社を買収した。両社ともデータ分析と選手のパフォーマンス予測を領域としている。

バーンリーの新オーナーも、コロナの流行にともまって、サッカー界の人対人の伝統的なスカウト手法も新しいデジタルソリューションに移行するだろうと述べている。

今年の夏は、100万ポンドにとどまった移籍市場への投資が変化するだろうか?今後の動きが注目される。